団らんの家

新しい分譲地の一画にある東側と南側に道路がある角地に計画した住宅案です。

敷地に対して東側の道路が角度を持っているのが特徴的です。また、敷地が東南方向へ開けていることも積極的にプランに取り入れたいポイントです。その反面、北側や西側は隣接した住宅が建築されるでしょうから、開口部などは必要最小限にしたり外部からの視線に配慮しました。

 

また、今回の案ではご家族の団らんの場所がテーマになりました。

一般的には、団らんの場所というとリビングをイメージするかたがほとんどで、その場合設計の中心にリビングが来たりします。

しかし、今回ご家族のお話を伺う中で、食卓が団らんの場の中心になることが想像できました。そのため、画像でもありますが、食卓のそばに庭へとつながる大きな掃き出し窓を設け、明るく・能動的な場所としました。

 

さらに、東側道路と同じ角度を建物にも持たせることで、敷地の個性を共有する建物となりそこに一体感が生まれます。

 

Hey Visitor!